옅은회색바탕_3.png
striker-F7-FC_thumb_투명.png
ストライカーの信頼できるアシスタント。  
安定した正確な飛行を可能にします。
Striker F7 logo.png

ストライカーF7は、ドローンサッカーボール「ストライカー」の制御を改善するために、数多くの研究と飛行試験を実施しました。


ステッカーF7のボタンを押すだけでLEDストリップの色を変えることができます。

別のLEDコントローラーを使用する必要はありません。


レシーバーをはんだ付けせずに、簡単なコネクタ接続で組み立てを完了することもできます

および4-in-1ESC。


FC設定とPCBの配置を考慮したC型USBの配置

LEDとESCの接続位置を考慮して、最適化することでユーザーに利便性を提供します

ワイヤーを使用する際のシンプルさ。

 
さらに、StrikerF7にはMPU6000が搭載されています。

強力なドローンサッカーゲームに適しています

衝撃や振動に対する耐久性。 MPU6000は現在 最も人気のあるIMUセンサー

これは、ほとんどすべての最高のFCで使用されています。  

SPIバスを介して8kHzでジャイロをサンプリングすることが可能で、優れた耐振動性を備えています。  

ストライカーF7は3セル〜6セルと互換性があります

リチウムポリマー電池。  これには、6つのハードウェアUART、外部l2C、LED制御MCU、

RGB LEDストリップ、およびWS2812LEDストリップ

(ベータフライトから制御可能)。


インストールは、StrikerF7の簡単なプロセスです。

マイクロRXコネクタ、4-in-1 ESCコネクタ、およびロープロファイル。

ストライカーF7パーツ

striker-F7-FC_thumb_detail01.png

PCBをUSB経由でコンピューターに接続すると、betaflightセットアッププログラムを入力してFCデバイスをセットアップできます。ただし、「ブート」ボタンを押したまま電源を接続すると、ブートモード(ファームアップモード)に入ることができ、安全なファームウェアアップデートを保証することもできます。

「ブート」ボタンを押したままにしなくても、ファームウェアの更新は可能です。ただし、更新中にモーターが回転する場合がありますので、ボタンを長押ししてから電源を接続することを強くお勧めします。

ブートモードがアクティブになると、ファームウェアの更新以外のすべての機能が一時停止されます。電源接続後にボタンを押すと、LEDストリップの色を変更できます。

striker-F7-FC_thumb_detail02.png

上の画像の赤い部分は、ラインLEDフルセットのLEDを示しています。

接続方法で接続できます。

ストライカーF7仕様

ベータ飛行時の走行競技で安定性が認められたSPIBUSを使用したMPU6000ジャイロの装備 およびSTM32F722MCU。

ネジ穴の位置:1.2 "x 1.2"

接続可能な3セル〜6セルリチウムポリマー電池

5V 2A BEC出力をサポート(デフォルトモードはオフ、オンに変更可能)

使用されるUART(6xUART)の数の増加